今年の抱負(前編)

あけましておめでとうございます. 新年あけてすぐに「今年の抱負」というタイトルのエントリを書こうと思ってましたが2ヶ月とちょっとが過ぎてしまいました. 実は人工知能学会の学会誌「人工知能」の2017年1月号「編集委員今年の抱負2017」の企画で「AIブ…

B4の2月のツイートまとめ(2/3)

こうして振り返っていると,なんだか昔の方が,ちゃんと勉強して,色んな価値観に触れて,よく考えていられていた気がするな・・ リスクとか現在価値とかの概念って経済学が始まりなのかな、それとも他の学問から経済学に持ち込まれたのかな。投資の勉強始め…

B4の2月のツイートまとめ(1/3)

ツイート振り返りシリーズ.卒論終わって暇だったのかツイートが多い. 生まれたときから自分のやりたいことも特性も完璧に把握できてる人なんてそうそういないんだから、よく考えながら生きてたら紆余曲折するのは半ば当たり前にも思えるのだけど、成り行き…

B4の1月のツイートまとめ

眠れないのでtwitterのログを掘り起こしている. twitterってサービスとしてはフローなところがいいんだけど,ストックとしてまとめてみると思考の変遷や成長が垣間見えておもしろい. 更に言うと,twilogとかで単なるログは見れるんだけども,今の自分の視…

例外として生きていく

以前,人工知能学会誌「人工知能」上の学生フォーラムという企画で触覚研究者(という枠には全然とどまらないのですが)の渡邊淳司さんにインタビューをしました. 情報を生み出す触覚の知性:情報社会をいきるための感覚のリテラシー (DOJIN選書) 作者: 渡邊…

「PUBLIC SMILING」展

NIKKEN ACTIVITY DESIGN lab 主催の「PUBLIC SMILING」に作品を出展していました。 「PUBLIC SMILING」は、街なかに笑顔ですごせるパブリックスペースをつくってみよう、という取り組みです。今回は、視覚や聴覚、触覚、嗅覚などの感覚に直接働きかけるテク…

知の逆転

なんかゆるく読書記録くらい残しておこうかなと思って久々に更新します。 一番面白かったミンスキーへの「なぜ福島にロボットを送れなかったか」のインタビューから引用。 これインタビュー2011年らしいんですよね。 “問題は、研究者が、ロボットに人間の真…

2015年3月に書いたもの

一年遅れで東京大学文学部を卒業しました。卒業に際して長文投稿をするというのはあまりにも陳腐ではありますが、東大という、学問をする場として最高に恵まれた環境で出会えた魅力溢れる人たちと、研究や学問の話をもっとしておけばよかった、という後悔が…

2015年9月に書いたもの

4月から晴れて大学院生になって、賑やかな研究室で華々しい?ラボ畜ライフを送っているところです。楽しいです。最近は将来どうしたもんかな、とすごく真面目に考え始めています。。 この1年ですごく痛感したのが、デキる人たちはすごく体力があるということ…

ベイマックスの矛盾とペンローズの三角形

ベイマックスを観た。映画を観るのは一年に一度あるかないかレベルであって映画の教養がほとんどないため、映画全般に対する感想とベイマックス自体に対する感想とが入り混じって切り分けられないのだけれども色々と考えるところがあった。 ・「あまりにも凡…

承認欲求

最近承認欲求について色々と考えていて、なんのオチもなくてひたすら長文なのですが、承認欲求を即時・短期的に満たそうとする人に対して、「承認欲求に満ちた欲深い人間め!自分は無欲で高潔な人間だからそんな卑しい行為はしないぞ!」って見下すような構…