読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年3月に書いたもの

一年遅れで東京大学文学部を卒業しました。
卒業に際して長文投稿をするというのはあまりにも陳腐ではありますが、
東大という、学問をする場として最高に恵まれた環境で出会えた魅力溢れる人たちと、研究や学問の話をもっとしておけばよかった、という後悔があるので、
理科二類からわざわざ文転して心理学を専攻し、また院で理転するという一風変わった進路選択について説明する機会が多いこともあり、
心理学とおさらばになるこのタイミングで、自分が何を学んできたか、心理学とは何かという自分なりの考えについて述べておきます。超絶長文です。
***
心理学というのは、心という究極の主観を、科学の対象として客観的に扱おうとする「心の科学」です。
なぜ科学を標榜する心理学が文学部に存在するかというと、
手法としては極めて理系的ながらも、心という対象は伝統的に文学部が取り扱うものであったためです。
私からすると心理学が文学部にあることの方が違和感があるので、文転したという意識はさらさらなかったのですが、
人間はその所属において判断されるものなので、文学部のステレオタイプを背負いながら生きているのはとても歯痒い思いでした。
学問分野における文系・理系のカテゴライズは基本的に取り扱う対象で分類されていて、一方人間に関して「理系っぽいタイプだ」などと語るときには、手法や思考過程をもとに分類されていることがそのミスマッチの原因なのだと思います。
***
工学博士で、文学部心理の教授である横澤先生はエッセイの中で、
「人間探求が主たるテーマであるはずの文学部において、人間についての基本が如何にまだ解明されていないかということを気づかせてくれる学問が認知心理学」と述べています。
(http://www.l.u-tokyo.ac.jp/teacher/essay/2006/3.html)
(この「私の選択」という文学部教員によるエッセイ集はどれも読み応えがあります)
科学が発達するまでは、心について問うことは哲学者の特権でした。ところが今では心理学・脳科学・工学・薬学・生命科学・情報学など、幅広い分野で人間の意識・認知についてアプローチすることが可能となりました。
その複数あるアプローチの中で、人間一般の、個体としての世界の捉え方を素朴に追求する学問が心理学です。ちなみに社会心理学は集団としての人間の性質を取り扱う学問で、東大文学部ではこれらは異なる専攻になります。
***
ただし、主観を客観視するという試みの限界は2年間でひしひしと感じました。
それでもやはり人間について知る上で、人間の反応・行動を直接調べるアプローチはシンプルで他では補完しがたいものであるし、試み自体とても挑戦的で面白いと感じます。
「心理学なんて疑似科学だ」と言われてしまうことを真っ向から否定することは難しいけれども、(といっても、この批判は心理テストやフロイトアドラーなどの精神分析学といった、心理学ではないものを指していることが多い)
だからといってその意義が損なわれるようなことにはならないように思います。
例えばドレスの白金/青黒の話はまさに心理学が取り扱う内容ですが、
「どうしてだろう?」という人々が抱く素朴な問いに、一定の納得行く回答を示すことができるのは、有用なレベルで科学的であるからでしょう。
***
卒業研究のテーマの一部が感覚運動学習というものだったのですが、
「目の前の物体に手を伸ばす」というだけの単純な運動がものすごく奥深くて、
能動的な環境探索の過程で、脳のフィードフォワード制御による予測と、感覚入力からのフィードバックが見事に協応して瞬く間に学習が進んでいくのを知り、
こうやって自己と環境との関係性から世界が獲得されていくのだなあ、と感動したものでした。
こうした学習機能を個体レベルへと転用したメタファーを考えてみると、
他者によるフィルターを通じて得られた知識だけをもとに世界を理解しようとしたり、じっと動かないまま自己についての理解を試みたりするだけでは不十分で、
環境に能動的に働きかけていくことではじめて、自己について明らかになるのではないか、などと考えてしまいます。
常につきまとう自分というフィルターのうち、人間一般に備わる性質は心理学が明らかにしていて(バイアスなどと呼ばれる)、自分独自の傾向については環境を変えながら差分をとっていき、自分で知るしかないのだと思います。
***
ところが私はこれまで自分の身近な狭い範囲で探索するばかりで環境についての知識を得ることを疎かにしていて、歴史・地理・経済・宗教・政治などは自分とまったく関係のないシステム側の話だからと興味が持てずにいました。
しかし自分の世界について知るには、一般的な環境への理解と、関係性の学習が両方必要であって、
これらの学問が、自分の探索の及ばないレベルでの自己を取り巻く環境の仕組みを、時間軸的にも視野的にも広く捉えたものなのだと理解できた瞬間、
これまで意味不明な記号の羅列にしか思えなかった文系学問たちも途端に文脈を帯び出して、自分の糧になった気がします。
最初は文学部に所属することが嫌で嫌で仕方がなかったのですが、こうして文系学問アレルギーがなくなったことはよい経験でした。
違う文脈の中での再定義が学習にとって重要というか、そもそも学習とはそういうものかもしれないな、と考えています。
***
卒論ではなかなか思うような成果が出せず一年非常に苦しい思いをしましたが、
振り返ってみると、先生や周りの人に認めてもらいたいというモチベーションで実験を進めてしまっていたような気がします。
以前承認欲求についてもやもや考えていたものも結局、
「自分の価値判断の基準を外部に委ねており、自分の内部にそれがない」
(http://d.hatena.ne.jp/next49/20090222/p2)
ことに尽きるのではないかという反省です。
この記事でいう「精神的背骨」を大学院生活で養っていきたいです。
***
ただでさえ卒業投稿で溢れ返っている中でこのグダグダの長文がまともに読まれる気がまったくしませんが、
興味を持ってくれた人が少しでもいれば幸いです。