今年の抱負(前編)

 あけましておめでとうございます.

新年あけてすぐに「今年の抱負」というタイトルのエントリを書こうと思ってましたが2ヶ月とちょっとが過ぎてしまいました.

実は人工知能学会の学会誌「人工知能」の2017年1月号「編集委員今年の抱負2017」の企画で「AIブームにVRは何を学ぶべきか」というタイトルで寄稿していました.

人工知能 Vol.32 No.1 (2017年1月号)

人工知能 Vol.32 No.1 (2017年1月号)

 

 この執筆をしたのが昨年の10月ごろだったと思うので,もう半年近く経ってしまっているのですが,たったの1ページにも関わらず(むしろ,1ページしかないからこそ)割と手間掛けて書いてしまい,せっかくなので内容を紹介したいと思います.

 

さて,縁あって私は人工知能学会の学生編集委員を務めており,この「今年の抱負」というタイトルの記事を書くことになりました.ところが私はVR畑の人間であり,メインで所属しているのはバーチャルリアリティ学会です.この記事は人工知能学会の学会誌に載るものなので,何を書いたらよいものか,かなり頭を悩ませたものです.

 

はじめはAIとVRの共通点を指摘しつつ,その当時VRについて考えていたことをダラダラと書いていたのですが,初稿を書き上げてライターの長倉さんに見てもらったとき,

「論点(伝えたいこと)を一つ絞る」

「誰に何のために伝えるのか,なぜ本記を書くのか,そこから何を得たいのかを明確にする」

「問いに問いで答えずに,解でなくともいいので対応する考えを示す」

「自分の意見に自信がなくとも,語尾は濁さずに断言した方が読み手にとってはありがたい」

などなどコメントいただき,非常に勉強になりました.

 

特に,「誰に,なんのために?」という問いは,手段が目的化してしまわないよう,あらゆる行動に際してきちんと自分に問いかけていくべき重要な問いだと思うのですが,

「『今年の抱負』記事は誰のために,なぜ書くのか?」をひとたび問うと,

「学会誌は誰のために,なぜあるのか?」

さらに突き詰めて言えば,

「学会は誰のために,なぜあるのか?」

といった問いへと繋がるため,とても悩みました.

読者が人工知能学会の会員である以上,人工知能分野にもメリットのある話でないといけないわけですし.

なお,「学会は誰のために,なぜあるのか?どうあるべきか?」という問いに関しては,昨年の日本バーチャルリアリティ学会大会の「20年後のVR〜VRはどこにいくのか?若手の視点から〜」と題するパネルディスカッションでも大きなテーマとなっていました.

ディスカッションの書き起こしは,そのうち日本バーチャルリアリティ学会 » 学会誌バックナンバーで閲覧できるようになるはず.

こうした目的の明確化って,歴史があり,ある程度システムが整っている組織でほど看過されがちだと思います.

学部時代ゴルフ部に所属していた際にも,組織がどうあるべきかについて相当悩んで,そのときに出した自分なりの答えが正しかったのか,未だにあまり自信がありません.

ただ思うのは,全員の目的意識が初めから一致していることは稀で,少しずつ目的意識の違う者同士が同じ組織にいるというのはむしろ当たり前の状況なのだと思います.組織の中でその人が置かれている立場によっても,もちろん目的は変わってくるでしょうし.

しかし,そのままだとお互いの利害が一致せず,全員が不幸になってしまうため,

お互いに譲れる部分や考えを明確にし,話し合うことで,納得の上で妥協点を見つけていくというのがやはり現実的な解決策だと思います.

さらに,大きな組織だと,その妥協のプロセスで民主主義の力を借りることになるのだろうな,とは思います.

「〜の最大化」というような単純な目的関数では示せないような目的もあるとは思いますが,できるかぎりシンプルな目的意識を,構成メンバ全員で共有できている組織はやはり強いですね.研究室しかり,夫婦・家族関係しかり,会社しかり.

 

早速話が逸れてしまったため,後編にて肝心の内容は紹介したいと思います..