フランス留学記

フランスのレンヌという地方都市にある、INRIA(フランス国立情報学自動制御研究所)という研究所に1月頭から滞在しています。日本でいう産総研的なポジションの研究所だと思います。Pseudo-Hapticsの第一人者のAnatole大先生のところにお世話になっています。BMI(ブレインマシンインタフェース)でも有名らしいです。が、最近はVirtual Embodiment系研究を結構やってるので、その流れで研究させてもらっています。
こちらのラボにはPhDの学生が15人もいて、エンジニア職の人たちもたくさんいて、かたや廣瀬研はといえば学生PhDが私一人だし技術スタッフもいないのでヒョエーという感じです。

フランス語何もわからないのと街にアジア人がほとんどいないのとで超アウェーなんですが、意外とどうにかなっています。良くも悪くも一カ月もすれば大抵のことには慣れてしまうわけで、自分の言いたいことが100%は伝わらないというフラストレーションにも、コンビニがなく、スーパーが夕方と日曜には閉まってしまう環境にも、良くも悪くも慣れてしまいました。

以下はだいたいツイッターから抜粋して加筆しただけなんですが、文化差という観点で面白いなと感じた事柄です。

■自炊コストと女性の社会進出
フランス人って普段家庭でどんなもの食べてるんだろうと当初疑問だったのだけど、平日は冷凍食品とか出来合いのものでさっと済ませるだけが多いみたいで、というのも女性就業率85%、共働き家庭が普通で専業主婦という存在がほぼ皆無だからだそうで…
あと驚いたのは男性が当たり前のようにお菓子作ってくることで、週一くらいで誰かが手作りのケーキとか料理とか持ってきてシェアしてくれるし、さらにラボの月例ミーティングにケーキ係なるものがあって、毎月数名がそれぞれ全員分のケーキを焼いてきて、美味しくいただきながらミーティング。となりのラボは誕生月の人が自分でケーキ持ってくるというルールだった。
普段料理しない割に男性の手料理をよく見かけるというのは一見矛盾に感じるんだけど、休日には外食の代わりに頻繁にホームパーティをするからなのかなと思う。調理の時間的コストを勘定して、平日は料理しないという選択をしているのかなという印象。食材そのまま盛るだけで普通にそこそこ美味しいし。

■信号無視とルールの在り方
歩行者は赤信号だろうと構わず渡るのがデフォなので律儀に青になるまで待ってると「お前は一体何を待ってるんだ?」的視線を浴びせられてマヌケな気分になってくるし、逆に青信号だからと安心して渡ってると余裕で車突っ込んできて轢かれそうになる。もはや歩行者信号要らないのでは?
http://philofrance.com/post-4488/amp/…
と思ってちょっと調べたら出てきたエッセイが面白かった。“「俺がルールだ」なフランス人ですが、根底にあるのは「自己責任」「ルールより人間が優先」という発想”、“人間の生活をスムーズに運行させるためにルールがあるわけであって、ルールを守るために人間が存在しているわけではない”。そして事故件数もそこまで大差ないらしい。

■生産性と働き方
土日絶対働かないマンなのも絶対定時に帰るマンなのもバカンス取りまくるのも予想通りだったけどそれに加えて日々の「体調悪いので休みます」の閾値もかなり低いっぽい。じゃあその分普段すごい集中してるのかというと別にそういうわけでもないっぽくて、でもまぁなんとかなってるっぽい。不思議。私は所詮よそ者なので、帳尻合わせがどこにきてるのかよくわからないし、フランス万歳!日本はダメだ!と言いたいわけでもなくて、実際フランスに長く住んでみればいろんなダークサイドも見えてくるのかもしれないなと思う。でも実際フランス人たちは皆フランス(パリ除く)大好き!最高!いいだろ?羨ましいだろ?って感じで実際QOL高そう。ただ、企業とラボだとやっぱ全然違うよ、と聞いた。「ラボはeasy-goingだけど企業ではそうはいかない」って言ってたので、企業ではめちゃ集中してるのかも?
ガイダンスでは週の労働時間は35-38.5時間で、それ以上超えたら休暇を取らないといけない、一日の勤務時間は10時間を超えてはいけない、ランチ休憩は強制で最短45分、最長2時間という話があった。働くためのルールより働きすぎないためのルールの方が多かった。
コーヒーブレークが毎日3回絶対あって、自分の気分や進捗に関わらず半強制的にある時点で一旦作業をストップして休憩を取る。この様式に最初は慣れなかったのだけど、うまく使えばメリハリついていい気がする。まだ使いこなせてない。
あとミーティングは絶対時間通りに終わる。絶対ダラダラ延長しない。ちなみにミーティングもだいたいカフェでコーヒー飲みながらやってる。

■ビズとパーソナルスペース
挨拶のキス(ビズ)がめちゃ難しい。人生においてチュッて音を出した経験がないので、勢いが出すぎちゃったり不発に終わったりする。そして私はどうしても顔と顔の距離を保ってしまうのだけどそれは失礼らしい。ヒゲモジャの人相手だと、私はヒゲに触れないくらいの距離を保とうもするものの、向こうは頰までが顔だと思ってるっぽくてヒゲがモサァって降りかかってくる。しかも地域によって右頬からか左頬からか変わるし回数も違うので覚えたと思っても不意打ちの3回目をくらってアッアッってなったりする。次自分の番回ってくるなってときの緊張感が異常。初対面のときだけじゃなくて休日にラボメートに会うときにもいちいちやるのでめちゃ恥ずかしい。日本のラボメートといちいちビズやるところ想像してみるとやばい。そして未だにいつやるルールなのかよくわかってない。不意に迫られてびびる。